ありんこ

心が疲れた人のかわり映えしない日記

なりたくなかった人間になってしまった

睡眠…2時~9時

 

昨日こんな記事を書いておきながら

 

haruuu.hatenadiary.com

 

今日材料を買ってきてしまいました。

 

朝起きた時になんとなく出かけたい気分でもあるけど、めんどくさいという気持ちもありどうしようかな~と悩んでいました。

でも母に、材料の一つである絵の具がまだあるか聞いた際に話の流れでフェイクスイーツをやってみたいと話してしまい「じゃあ買いに行く?」と言われ、食料品を買いに行くついでに百均に行きました。

 

もう流れで決まってしまった感じで材料として買うもののリストもつくっていなかったのでちょっと準備不足感が否めなかったです。また、化粧も上手くいかずなんだか少しブルーになりながら出発しました。

 

とは言え食料品は何も嫌なことなく買い終えることができそのまま百均へ向かいました。材料の粘土や道具を見る前にフラフラ色々な商品を見て回っていたのですが、それに母が満足してしまったのか「他に買うものあったっけ?もう無いよね?ある?」と聞いてきました。

 

本当に自分で思い返してもしょうもないしクソみたいな性格をしているのですがその言葉が「本当はそんなの作るの反対してる」「買いたくない」「どうでもいい」という意味のように感じてしまってはっきりと「粘土とか」と言うことができず、そのまま何も言えず結果的に無視のようになってしまいました。

これも非定型うつのことを調べているときに見たのですが「ささいなことで深く傷つく」「第三者から見ればなんてことはないのに本人からするとそうではない」というようなことがあって、それが本当に私に当てはまるなと思いました。

 

なので母のこの発言も否定的な言葉に聞こえてしまい、そこからもうテンションはどん底で母の言葉にしっかり答えることができず質問にも曖昧な返事をしてしまいました。もうその時点でフェイクスイーツ作りをやってみたいという気持ちは消え失せこのまま買わないで帰っていいやとすら思っていました。本当にクソ人間です。ここから家に帰って2時間くらいはずっとこんな調子で最悪でした。材料は買えましたが。

 

 

自分で自分の機嫌も取れず母に迷惑をかけました。母はそんな私にいつも通りに話しかけてくたので本当に助かりました。

 

そんなことがあって今日気付いたのですが、このすぐ機嫌が悪くなるというものが、私が幼稚園~小学生のときの母にそっくりなのです。

その母のご機嫌取りやその場の雰囲気を明るくするように頑張っていたのが私でした。今現在は当時と逆になっているということです。

当時の私は機嫌が悪くなって相手に当たる母が嫌だったのに同じことをしているのです。よく虐待された子どもは大人になったとき自分の子どもにも虐待してしまうという話を聞きますがそんな感じだと思ってしまいました。もちろんすべての方がそうなるというわけではありませんよ。同じ道を歩まないように努力している方もたくさんいらっしゃいます。そこは誤解しないでください。

 

 

あ~本当に自分にあきれました。本当に。

 

 

機嫌がささいなことで悪くはなるのに良くはならない。数時間経たないと良くならない。本当にクソ人間です。治します。頑張ろう。